スポンサード リンク

大型免許 バイクカテゴリの記事一覧

バイク大型免許の条件

バイクにも大型免許、つまり大型自動二輪車免許があります。大型自動二輪車とは、総排気量が400ccを超える二輪車のことで、大型二輪免許とAT限定大型二輪免許(排気量650cc以下)に2種類があります。


自動車の免許と同様、取得するには条件があります。
満18歳以上で取得できます。なお、17歳から教習所に通い始め、卒業検定を受ける時に18歳になっていれば問題ありません。


視力は両眼で0.7以上かつ片目で0.3以上、もしくは片眼が0.3未満または見えない場合は左右の視野が150度以上で視力が0.7以上あることが必要になります。もちろん眼鏡やコンタクトでの矯正視力でも可能です。


取得方法は教習所に通うか、運転免許試験場で技能試験を直接受験する(一発試験)のいずれかになります。普通免許をもっている場合、教習所では学科や技能試験が短縮されます。また、小型二輪車や普通二輪免許をもっている場合は学科講習が免除されたり、技能講習が他短縮されたりします。


Q:普通2輪を持っていなくても、大型二輪の免許は取れますか??

A:はい、とれます。ただし教習初期の苦労は、普通2輪に比べて高くなりますが。



大型免許 バイク

大型二輪免許、要はバイクの大型免許ですね。取得の仕方としては、大きく分けて2つです。試験場でのダイレクト受験か、教習所を利用するかです。ダイレクト受験はわかりやすいですよね、一発で受かるかどうか?^^以前免許を持っていたり、二輪免許を持っている方が多いようですね。まあ、健闘を祈る!という感じでしょうか(・∀・)


baiku.jpg

教習所や合宿でのトライが、やはり一般的でしょう。技能教習・学科教習を経て、卒検へ。その後適性検査などで免許交付となります。やはりこちらのコースの方が技能試験もパスになりますし、安定して取得できますよね。入学資格としては18歳以上からで、両目で0.7以上の視力(コンタクト・メガネOK)、色彩識別検査、運動能力検査、聴力検査など。あまり難しく考える必要はありません。


ですが、バイクの大型免許の教習が受けられるところが、実は少ないのです。教習所を取るか、一発を取るか?けっこう悩みどころなのかもしれません。


しっかりとした免許取得プランを立てて、憧れのハーレーなどの大型排気量バイクを転がす日を夢見て(笑)
レッツゴー!!



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。